fc2ブログ
  • 「オーディオ父さんの独りごと」のブログ名でおなじみのブロ友で、真空管アンプ作りの仲間(常陸管球の会会長)KIYOさんが、今では珍しいエーコン管の955真空管についてアメブロに投稿された。 ■KIYOさんの投稿記事 「RCA955どんぐり真空管は私の宝物」https://ameblo.jp/kiyochan1937/entry-12597094273.html  残念ながら多くの真空管を持っているHIROちゃんですが、このエーコン管955は持っていません。しかし... 続きを読む
  •  今回紹介するのは、東芝だけが戦後に発売した、オーディオ用の三極出力管6GA4です。  オールドの自作真空管アンプ・ファンにとっては懐かしい真空管でしょう。日本では、戦後にオーディオ用として開発された出力三極管としては、LUXのアンプなどで使用されたNECの8045Gや、6R-A8がありますが、これらは構造的には多極管で、内部で三極管接続されたもので、純粋な三極管ではありません。 6GA4は、東芝で... 続きを読む
  • 前回は、9ピンMT管の6BQ5を紹介しましたが、今回は一回り小さな7ピンMT管の6AR5と、6AQ5の2本を紹介します。これらについては、これまでアンプ製作記事の中で紹介していますが、あらためて紹介します。6AR5と6AQ5は、どちらも電気特性が少し似ている出力管ですが、構造は全く異なり6AR5は5極管、6AQ5は、ビーム管です。6AR5と全く同じ特性のST管としては41、GT管では6K6がありま... 続きを読む
  • しばらくオーディオ記事の投稿から離れていました。今回は久々に「真空管いろいろ」・・・の投稿です。 今回は6BQ5(EL84)・・・もっとも、この6BQ5については、この真空管を使った製作アンプの投稿記事や、回路例を紹介していますので、あらためて投稿するほどではないのですが・・・  さて、6BQ5(EL84)ですが、昔はメーカー製のステレオ・アンプにはシングル、プッシュプルを問わず、多く採用されてい... 続きを読む
  • ... 続きを読む
  •    真空管いろいろ/UZ-77真空管今回、紹介する真空管はST管のUZ-77です。77は6C6と、ほぼ同じ規格のトップグリットの真空管です。手許にはケンラッド製と、ナショナル・ユニオン社の軍用球(JAN球)が2本づつありますが、うち2本はアンプで使用中です。 見た目のきれいな真空管だと思います。(6C6は黒くて中がよく見えませんが、77はクリアで中が良く見えます)77は、ヒーター電圧が6.3Vなので非常に使いやすい球です。... 続きを読む
  •    真空管いろいろ/WE310A今回紹介する真空管はウエスタン・エレクトリック社のWE310Aです。WE310Aを紹介するのは実は2回目…WE310AというとWE300Bの91タイプのシングル・アンプの電圧増幅管に使用された真空管です。現在、手許に中古品が6本あるのですが、うち2本はWE300Bシングル・アンプで使用中です。下の写真の残り4本が予備ですが、バラツキは、ほとんどありません。WE310Aの主な規格は、Ef:10V、If:0.32A、Ep:13... 続きを読む
  •    真空管いろいろ/6AU6と回路例 今回、紹介する真空管は7ピンMT管の6AU6です。実は6AU6については、以前に「真空管ジャンク・コーナー」で紹介していますので、今回で2回目になります。ナショナルの元箱入り新品が7本あります。 中古品も結構あります。下の写真の他に12V球の12AU6の中古が8本ありますが全て使用できます。 6AU6は、シャープ・カットオフRF用5極管。元々は高周波用の真空管のようですが、低周波増... 続きを読む
  •   真空管いろいろ/整流管CV729/5V4G これまで、この「真空管いろいろ」の書庫では、何種類かを紹介してきました。今回紹介するのは欧州球のCV729です。この整流管は、傍熱管で、5V4Gと同じ特性の真空管と考えてよいでしょう。最大175mAまで整流できるので使いやすい整流管です。ST管タイプのG管ですので、ST管で揃えたい場合には、見た目のバランスも良いアンプに仕上がります。こちらはソヴテック製の5V4Gです。Gという... 続きを読む
  •    真空管いろいろ 27(227)真空管 今回、紹介する真空管は、ナス管の27(227)真空管です。27(227)は、検波増幅用の3極管。増幅率はμ=9と、低増幅率の真空管です。ヒーターは2.5V/1.75A。 同じUYソケットで56という真空管がありますが、こちらのヒーターは2.5V/1A、56はμ=13.6 76の2.5V管です。 ラフに使うのであれば、ヒーター電圧が同じなので、27の代わりに56をそのまま挿すこともOKでしょう。アンプで... 続きを読む
  •  真空管いろいろ/845/低電圧動作アンプ 今回紹介する真空管は845です。送信管の211と見た目や大きさが同じで、トリエテッド・タングステンのフィラメントで、点火すると電球のように光輝きます。211は送信管ですが、845は、送信管ではなく、オーディオ管と私は認識しています。 見た目は同じですが電気的特性は全く異なります。アンプとして使用した場合、211はバイアス電圧が低いのですが、845はバイアスが深くドライブする... 続きを読む
  •     UZ-42とシングル・アンプ UZ-42については、以前に紹介しているのですが、いつも真空管を入れている棚とは別の部品入れの引き出しから、TUNG-SOL製の元箱入りUZ-42が2本、出てきました。以前に42を紹介した時に、確か他にもあったはず・・?と思っていたのですが、そうなんです…引き出しに入れたまま忘れていたのです。42の規格は下記を見て下さい。http://tubedata.jp/sheets/127/4/42.pdf42というと、GT管の... 続きを読む

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ