fc2ブログ

テノール歌手 / 新垣 勉さんのアルバム&DVDから・・・

テノール歌手の新垣勉さんをご存じですか・・
新垣さんは1952年、沖縄生まれのテノール歌手。米軍兵と日本人の母との間に生まれ、生後まもなく助産婦の過失により失明。不遇の少年期を過ごされたようですが、盲学校を卒業された後、牧師を目指し東京キリスト教短期大学、西南学院大学神学部を卒業。副牧師になった後、ある牧師との出会いがきっかけで、声楽と伝道の道を目指すことを決意。35歳で武蔵野音楽大学声楽科に入学し、同大学院修了。2001年にCD発売された「さとうきび畑」が異例の大ヒットとなり、天性の明るさを持つ澄み渡った歌声は、現在も活動を続けていて、人々の心に深い感動を与えています。
クラシック音楽をはじめ、ジャンルを超えた多くのレパートリーがあり、これまで多くのCDアルバムが発売されていますが、その中から3枚のアルバムとコンサート・ライブのDVD1枚を持っているので紹介します。

さとうきび畑
2001年7月に発売になったファースト・アルバムで異例の大ヒットとなったCD。

img20210402_11025644.jpg

1.カーロ・ミオ・ベン
2.オンブラ・マイ・フ
3.主の祈り
4.平城山
5.さとうきび畑
6.天使のパン
7.プロメッサ(誓い)
8.アヴェ・マリア(シューベルト)
9.神よ、あなたが私とともにおられれば
10.初恋
11.椰子の実
12.荒城の月
13.花(すべての人の心に花を)
14.スティール・アウェイ
15.アメジング・グレイス
16.アヴェ・マリア(カッチーニ)

出逢い
~我が心の歌~
2002年11月発売の2枚目のアルバム、ここではクラシックではなく、これまでの日本の歌謡曲など、ヒット曲を中心に録音したもの。

img20210402_11043438.jpg

1.愛燦燦
2.芭蕉布
3.戦争は知らない
4.白いブランコ
5.風
6.見上げてごらん夜の星を
7.さらば青春
8.なごり雪
9.きみの朝
10.花のメルヘン
11.シクラメンのかほり
12.野に咲く花のように
13.遠くへ行きたい
14.また逢う日まで

新垣勉の軌跡
2007年11月発売のアルバムで、2007年12月TV:CX系スペシャル・ドラマ『まだ見ぬ父へ、母へ・魂で歌う青い海~全盲のテノール歌手・新垣勉の軌跡』で使用される楽曲を収録したスペシャル・アルバム。

img20210402_11054027.jpg

1.アヴェ・マリア(マスカーニ)
2.カーロ・ミオ・ベン
3.マンマ
4.天使のパン
5.さとうきび畑
6.てぃんさぐぬ花
7.いつくしみふかき
8.主の祈り
9.アメイジング・グレイス
10.アヴェ・マリア(カッチーニ)
11.千の風になって
12.花-すべての人の心に花を

武道館ライブ/チャリティー・コンサート
願い~愛と平和の歌
2004年2月20日に行われた新垣勉の武道館におけるチャリティー・コンサートを収録したベスト的選曲な初の映像作品。

img20210402_11065399.jpg

このチャリティー・コンサートは、近年、亡くなられたアフガニスタンで医療活動や、水路、井戸堀を行っていた中村哲医師らのボランティアを支援する「シャワール会」のチャリティー・コンサートで無料招待、募金箱での寄付を集めたとのこと。
同年9月に発売されたDVDです。・・新垣さんのコンサートは、いつも曲間で話をしながらのトーク・リサイタルで、曲の紹介もご自分で話すと共に、曲間でのトークの中では駄洒落が連発。楽しく鑑賞できるコンサートにもなっているようです。このDVDではそのトークの一部が収められていて、駄洒落に会場の明るい笑いと雰囲気が良く伝わってきます。今回は約10年ぶりに鑑賞しました。

1.グラナダ
2.愛しの君よ
3.朝の歌
4.愛の喜び
5.アヴェ・マリア(シューベルト)
6.アヴェ・マリア(マスカーニ)
7.遠くへ行きたい
8.早春賦
9.荒城の月
10.青い空は
11.イムジン河
12.芭蕉布
13.愛燦燦

紹介したこれらのCDやDVDを鑑賞すると、盲目のテノール歌手というハンディを負いつつも、35歳から音大、そして大学院まで進学し、歌を学んだ荒垣さんの歌唱は心を揺さぶり、平和を祈る心やメッセージが良く伝わってきます。人間性のある力強い歌声は素晴らしいと感じました。

では、きょうは、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ