fc2ブログ

プッチーニのオペラ 「ラ・ボエーム」/ NHK Eテレ「クラシック音楽館」から

先日の日曜日(6月13日)、NHKのEテレで21時からの「クラシック音楽館」でプッチーニのオペラ映画「ラ・ボエーム」が放映されたので鑑賞しました。

テレビの画面からデジカメでパチリ・・・

IMG_1658.jpg

IMG_1661.jpg

IMG_1663.jpg

IMG_1665.jpg

 オペラはHIROちゃんにとっては少し苦手です。曲は長いし、最後は主役が死をとげるなど、ストーリーは悲劇が多く、また時代背景が史劇的なものも多いのであまり好みません。
とは言っても有名なオペラの多くはCDやDVDで架蔵しているので時々は聴いたり、DVDを鑑賞するのですが、全曲ではなく「つまみ聴き」が多いかもしれません。HIROちゃんにとって、オペラを全曲聴くのは曲にもよりますが、相当の体力?が必要です。(でも、生でオペラを鑑賞したことがないので、機会があればぜひ鑑賞してみたいとは思っています)

プッチーニのオペラは全作品をCDかDVDで持っていますが、正直、あまり聴いていません。
しかし、何故か、この「ラ・ボエーム」だけは時々、取り出してCDを聴いたり、DVDを鑑賞します。悲劇ではあるのですがストーリーは簡単ながら、良く描かれた永遠の青春群像がなんともたまりません。

 さて、今回、放映された「ラ・ボエーム」は、一度は聴いてみたかったアンナ・ネトレプコがミミ役、そしてロドルフォ役がテノールのロランド・ヴィラゾン・・・
この映像は歌劇場などでのライブ映像とは異なる、ロバート・ドーンヘルム監督による2008年制作の映画で、指揮はベルトラン・ド・ビリー、バイエルン放送交響楽団・合唱団で、アンナ・ネトレプコ、ロランド・ヴィラゾンの他、ニコル・キャベル、ジョージ・フォン・ベルゲンらが出演しています。

「ラ・ボエーム」というと、HIROちゃんは1963年のカラヤン指揮/ウィーン歌劇場でのライブ録音のミミ役ミレッラ・フレーニの歌唱がとても若々しく好きな演奏です。また同じカラヤンですがミラノ・スカラ座管弦楽団を指揮した1965年の35mm映画でのフレーニの演技も素晴らしいと思います。この時のフレーニは30歳、青春悲話の「お針子」のミミ役には最高でした。この2つのカラヤンの演奏では共通点が多く、ロドルフォ役はどちらもジャンニ・ライモンディで、映画の演出はフランコ・ゼッフィレッリ、また1963年のウィーン歌劇場でのライブでも舞台装置と演出はゼッフィレッリだったようです。(アンチ・カラヤンですが、このカラヤンはどちらも好きな演奏です・・・)

 ゼッフィレッリと言えば、もう1枚架蔵しているDVD映像があります。リスティーナ・ガイヤドル=ドマスがミミ役のブルーノ・バトルレッティ指揮/ミラノ・スカラ座管弦楽団の2003年のライブ映像、ここでもゼッフィレッリが演出しているので、映像的にはカラヤンの映画版と類似した部分が多いように感じます。
そんなことで、前置きが長くなったのですが、今回のアンナ・ネトレプコによる「映画」ではカラヤンの1965年の映画「ラ・ボエーム」でのフレーニのミミ役を中心に、全体の映像としてゼッフィレッリの演出と比較するような鑑賞になりました。

観賞した印象を一言で述べるとすれば、素晴らしい映画でした・・・。
ミミ役のネトレプコと、ロドルフォ役のロランド・ヴィラゾンのキャスティングはピッタリでしょう。全体的に劇場での公演と異なり「映画」としての豊かな描写映像も楽しめました。また、画面を見ていると別撮りの歌唱ではなく、歌いながらの撮影で、生の声そのままに感じます。しかし、人物役と歌唱の声が吹き替えで、違っているところがあったのは少し残念です。
ミミ役のネトレプコのメイキャップも印象的でしたが、やはり歌唱が素晴らしく、特に第1幕でのミミのアリア「私の名はミミ」、そしてロドルフォとミミとの二重唱「愛らしい乙女よ」が素晴らしく、このオペラではHIROちゃんが最も好きな曲です。この他でもマルチェッロやムゼッタ役のキャスティングも良かったと思います。
しかしながら、「ラ・ボーム」については、どうしてもHIROちゃんには前記のミレッラ・フレーニの歌唱と、ゼッフレッリの演出の印象が強く残っているので、「どちらの映画を選びますか?・・・」と問われれば、フレーニのミミ・・・カラヤンの映画版を選びます・・・

 ぜひ聴きたかったネトレプコでしたが・・・あとは、ぜひ映像で鑑賞してみたいのが、テレサ・ストラータスと、ホセ・カレーラスとの「ラ・ボエーム」かな~~~~・・・
ご参考にYahooブログ時代の2014年に「ラ・ボエーム」についてHIROちゃんの7種類のライブラリーについての聴き比べ投稿記事があります。よろしければ読んでみてください。ただし、ブログの引っ越しで画面も修正していませんし、コメントは全て消えています。

こちらです。下のアドレスをクリックすれば2014年の投稿記事につながります。
FC2のブログ記事は未修整なのでHIROちゃんのアメブロ版で見てください。
https://ameblo.jp/hirochan-amp/entry-12528093821.html

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ