fc2ブログ

真空管いろいろ / 電力増幅管 UV-845

 UV-845真空管については以前に紹介しているので2度目の投稿となります。
手元には中国製の845が4本ありますが、他社のものと比較しても遜色はないようです。よくプロのオーディオ評論家の方が文章の中で「中国的な音がする」とか書いていますが、「中国的な音」とは、どんな音を言うのだろうか?・・プロのオーディオ評論家とはいかに適当なのだろうか・・・

IMG_1781.jpg

img20210804_09082995.jpg

845というと、同じ大きさのUV-211(VT-4C) とよく比較されますが、211は送信管ですが、845は送信管ではありません。
どちらも高電圧動作管ですが、電気的特性はかなり異なります。211アンプと845アンプを比較すると、オーディオ管としての845の音を好む方が非常に多いのですが、211の音を好むマニアも多い。
あくまで個人的な音の違いの評価ですが、845は豊かな低域と力感が特徴であるのに対し、211は送信管らしい伸びのある艶やかな高音と芯のある、しっかりとした中域音でしょうか・・・845支持派と211支持派に分けるならHIROちゃんは断然211派です。
前記の様に845と211は、電気的特性はかなり異なりますが、B電源部の容量とプレート電流を考慮しながら、バイアス電圧の切り替え等をすれば、845/211の兼用のパワー・アンプを製作することも可能です。
下記のHIROちゃんの製作例ですが、低電圧による動作ですが845/211の兼用パワー・アンプです。845や211にしては、かなり低いプレート電圧による動作でマニアの方から見れば笑われてしまうアンプですが、これでも十分に845や211の音を楽しむことが出来ます。
845の場合、Ep:402V、Ip:74.5mA、-Eg:-38Vの動作で約6Wの出力が得られます。

記事はこちらです。クリックすれば記事につながります。
低電圧動作845・211兼シングル・アンプ/出力トランスを交換・・・
https://ameblo.jp/hirochan-amp/entry-12643553169.html?frm=theme

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪
スポンサーサイト



コメント

元新潟のU

(^^)v
シングルなら断然845より211が好きです。プッシュプルなら845も好きですが、超ど級になってしまいます。

HIROちゃん

同じです。
211のシングルはいいですね。最近完成した211シングル・・・
なかなかいいですヨ・・・
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ