fc2ブログ

カール・ベーム / デッカ&フィリップス録音全集が発売されるが・・・

カール・ベーム没後40年を記念し、デッカとフィリップスに残された録音が初めてまとめて発売されます。
(下記の写真はタワー・レコードの通販サイトからコピーしました。)

028948515882.jpg

CD38枚組+BDAのBOXセット。BDオーディオには1966/67年バイロイト音楽祭のライヴ録音による『ニーベルングの指環』が24bit/96kHzリマスタリングで収録されています。この音源がBDAになるのは初めて・・・価格もタワー・レコードだと税込み15,121円! 欲しい!・・・と、思いつつ録音リストをみたら、オペラも含め、ほとんどの音源を架蔵しています。その多くがLPレコードで手許にあります。

1966/67年バイロイト音楽祭のライヴ録音による『ニーベルングの指環』・・・実は今から40年前にHIROちゃんの結婚記念に2人の弟からプレゼントされたのが、この録音のLPレコード、布張りの豪華BOXに入ったLP16枚のセット! (レコード番号RING301~16)価格は何と当時で 28,800円!


IMG_1867.jpg

まあ、LPが多いのでCDでまとめて購入するのも良いのですが・・・いくら安価でもボンビージジイとしては大金! まだお悩み中ではあるのですが~~~ パスしよう・・・・う~~~ん・・・
なお、この発売されるCD36枚の曲目は下記のタワー・レコードの通販サイトから見てください。


カール・ベーム/デッカ&フィリップス録音全集 [38CD+Blu-ray Audio]<限定盤> (tower.jp)
https://tower.jp/item/5232246/%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AB%EF%BC%86%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E5%85%A8%E9%9B%86-%5b38CD%EF%BC%8BBlu-ray-Audio%5d%EF%BC%9C%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9E

また、ドイツ・グラモフォン管弦楽録音全集 [67CD+Blu-ray Audio]<限定盤>も発売されます。
こちらも67枚組で 19,116円と格安・・・こちらは、ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルト、シューベルトの交響曲全集をはじめカール・ベームの管弦楽をまとめた録音全集となっていますが、モーツアルトの「魔笛」などのオペラは含まれていません。・・・ う~~~ん・・・これも欲しい・・・しかし、これもほとんどの音源を架蔵しているので・・・これもLPレコードが多いのですがCDでも持っているものが多い・・・購入に迷うところですが・・LPや、これまでのCDを処分して新たに購入するのも考えとしてはあるのですが・・・
曲目はこちらです。

https://tower.jp/item/5243806/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E5%85%A8%E9%9B%86-%5b67CD%EF%BC%8BBlu-ray-Audio%5d%EF%BC%9C%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9E

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪
スポンサーサイト



コメント

シュレーゲル雨蛙

これは・・・・・・(絶句)
なんという世の中になったのでしょう。レコード(記録)の薄利多売? 
いまのアーティストで商売ができなくなったということでしょうか?
確かにHIROちゃんさんに落ち穂拾いはあるのだと思います。
一方、蛙はほとんどが落ち穂拾いになるのかも知らないのですが・・・・・・。

先日、職場でオンライン授業に対応するための著作権法についての講演会がありました。全員参加義務です。著作権が海外では70年に延びたので、その対応とか教わりました。これから20年間、著作権切れは生じませんと。
えええ、そうだったの? とびっくりですが、つまり著作権切れが2020年に1970年に亡くなった人だったはずなのが、1950年に亡くなった人に遡るのでなく、これから先2041年になって以降、再び1971年となるのかな、ご講演を上の空で聞いていたので、細かい年の説明はすっ飛んでいますが、そういうこと。
ご遺族にはいい話でしょうが、なんだろう、この割り切れなさ。
そうか、遺産にかかる税金の問題とかと違うなと。今年亡くなった人の遺産にかかる税金を50年先延ばししていたのを70年先延ばしするよなもんじゃないかい、という割り切れなさなんだなー。

おっと、ベーム老とは関係ない話ですみませんが、しかしご遺族に著作権は生きていくので、ベーム盤を買うとご遺族が太るというのは・・・・・・と、関係するのかしら、と。貧乏蛙の僻みであります。乞御容赦。
ぼくもバイロイトのリングのLP所有しています。ぼくは中古で買ったものですがそれでも相応の出費。何か割り切れません。

HIROちゃん

そういえば・・・
シュレーゲル雨蛙さん、コメントありがとうございます。

そういえば、音楽の著作権保護期間は50年から70年になってますね。(平成30年から?)クラシックの録音だと50年前ならステレオですが、70年前となるとモノラルです。とはいっても、最近のCDの価格はセットものだとクラシックは大安売りですね。
ある意味、クラシック・フアンが少なくなっているのでしょうか・・・

この2つのベームのBOXもお買い得・・・欲しいけどな~~~

yositaka

得か損か
留保事項があるので、1968年発売分まではいったん切れた著作権は復活しないことになっているようです。クラシック音楽だけを考えれば、1968年まであれば、パブリックドメイン音源だけで一生困ることはない人が多いのでは。

一方、書籍類は売れないものは絶版となり、著作権のあるものはそう簡単には再版されず、稀覯本にはプレミアがつくがそれは遺族には還元されません。これでは文化遺産継承の足かせになるだけです。

ベームのボックス、デッカ&フィリップス録音全集は1970年代の発売である「指輪」とブルックナーを除きすべてパブリックドメインになっていますので、個人的にはこの価格は高いと思います。一方DGは、かなりお得でしょう。ベーム・ファンのネコパパですが、通常CDとブルーレイのセットには今一つ食指が動きません。

HIROちゃん

パブリックドメイン音源・・・ありがたい・・・
<留保事項があるので、1968年発売分まではいったん切れた著作権は復活しない>・・・
そういえば、そのようなことを何かで読んだような・・・1968年まであれば、パブリックドメイン音源としてクラシック音楽ファンのHIROちゃんとしては、心配ないですね。

ベームのボックス・・・その通りですが・・・購入は?・・迷いますが・・・
やはり購入しないことにします・・・
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ