fc2ブログ

送信管 316A/VT-191 シングル・アンプについて(再投稿)

久しぶりに送信管の316A/VT-191シングル・アンプに電源を入れ、音を出してみました。2015年に製作したアンプです。

316A①

トリエーテッド・タングステンの輝くフィラメントが美しいアンプだ!

316A④

この316A/VT-199という真空管はオーディオ用の球ではなく、ドアノブ管タイプの送信管です。
どこかの砂漠の中のアメリカ軍基地から大量に見つかったらしく、それが一時、秋葉原で売られていたものを12本位購入したもの。
直径がわずか3、4mm、長さも15mmという小さなプレートの構造なのに、最大プレート損失(Pd)は、何と30Wという、何とも恐ろしい?真空管。しかも、この球のバラツキが大きいのには閉口した。12本購入して、4本しかまともに使えなかった。

UFOみたいな面白い形の真空管ですね。俗にドアノブ管と呼びます。

316A②

元箱を見てみると・・・・

316A③

「GURANTEED LIFE 50 HOURS」とは・・・「保証する真空管の寿命は50時間」という意味だと思うのですが・・・ということは、この真空管の寿命の目安は50時間ということだろうか・・・

この球は軍用の送信管であり、おそらく最大定格に近い動作での送信機などに使用され、機器の保守管理のために50時間使用したら、切れていなくても新しい球に交換しなければならないような、言わば「使い捨て」の球だったのかもしれない。そのためかプレートの溶接部分はかなり雑なようにも見えます。
しかし、製作した316Aアンプは、見た目も面白いので、まだ解体はしないで残してあります。
音も送信管らしい艶やかな良い音がしますが、もし、この球をお持ちでアンプを作ってみようと思っておられる方には、お薦めできないアンプですね。

このアンプの回路図等、詳細はこちらです。
316A送信管アンプの製作 4(最終)
https://hirochan29dec2951.blog.fc2.com/blog-entry-783.html

この後はクラシック音楽の投稿をします。
では、・・・・ HIROちゃんでした。
スポンサーサイト



コメント

元新潟のU

(^_^;)
「保証する真空管の寿命は50時間」ということは、表には出せない真の定格を完全にオーバーして使うこと前提の球ですね(^_^;)

HIROちゃん

そうかもしれません。
そうかもしれません。
多分、使い捨て用に大量製造した真空管かも・・・
作り方は雑ですね・・・
でも、アンプにすると音がいいんだな~~~~
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ