fc2ブログ

シベリウス/ヴァイオリン協奏曲ニ短調 / ヤッシャ・ハイフェッツの新旧2種の録音

HIROちゃんの好きなヴァイオリン協奏曲というと・・・
ベートーヴェン、ブラームスの協奏曲を聴くことが最も多く、架蔵している音源のライブラリーも多くあります。ベートーヴェン、ブラームス意外となると、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第22番イ短調、モーツアルトのヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216が、とても好きな協奏曲でよく聴きます。あとは、チャイコフスキーや、メンデルスゾーンも聴きますが、最近は何故かシベリウスのヴァイオリン協奏曲がお気に入りの協奏曲に仲間入りです。

シベリウスのヴァイオリン協奏曲と言うと、古くはオイストラフ、ハイフェッツ、ヌヴーなどがあり、近年ではチョン・キョンファの演奏も名盤のようですが、これまで多く聴く曲ではなかったせいか、残念ながらオイストラフ、チョン・キョンファの音源は持っていないので聴いていません。
あらためて、この曲のCDを追加で何枚か購入して聴いてみようかとは、思うのですが・・なかなか手が出ません。
いまのところ、聴いていないオイストラフより、ペッカ・クーシスト(Vn)、セーゲルスタム指揮/ヘルシンキ・フィルや、リサ・バティアシュヴィリ(Vn)、オラモ指揮フィンランド放送響、そして、ヒラリー・ハーン(Vn)、エサ=ペッカ・サロネン指揮/スウェーデン放送交響楽団あたりの、ご当地の演奏に興味があり、こちらの方に触手が伸びそうです。

さて、そんなシベリウスのヴァイオリン協奏曲ですが、今のところHIROちゃんの手元には、ジネット・ヌヴー、ハイフェッツ、メニューイン、フェラス、スターンなど10枚位はあるのですが、多くは聴かなかったせいか整理が悪く、実際に何種類の音源が手元にあるのか記憶が曖昧で、探し出すのも少し大変・・・

今回紹介するのは、ハイフェッツの新旧の録音の2枚・・・

■ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn)
トマス・ビーチャム指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(1936年録音)

img20220124_11195420.jpg

■ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn)
ワルター・ヘンドル指揮/シカゴ交響楽団 (1959年録音)

img20220124_11203936.jpg

最初のトマス・ビーチャムとのSP録音からの復刻CD、古い録音なので、さすがにオーケストラの音は十分には捉えられていませんが、ハイフェッツの技巧的なヴァイオリンの音と豊かな音は十分に聴きとることが出来ます。何かの本で読んだことがあるのですが、このビーチャムとのSP録音がシベリウスの協奏曲を世界に広め有名にした・・と、書かれていました。そういった意味では貴重な録音と言えますね。
これに対し1959年にワルター・ヘンデルと再録音をしています。今となっては古い録音ですがステレオ録音なので、この曲を十分楽しむことが出来ます。

この曲を好まれるマニアの方の中には、今となっては、ハイフェッツの演奏は歴史的な意味合いはあるものの、シベリウスの音楽としてはあまり評価できない・・・、とおっしゃる方もおられるようです。
しかし、この曲がどのような曲なのかを聴くには十分な名演奏だと思います。若干ですが早めのテンポで難なく軽々と弾いてしまうのは、ハイフェッツらしく凄い技巧的で完璧ともいえる演奏だと感じます。
第1楽章での極寒の澄み切った空や、森といった雰囲気・・・
第2楽章での静寂な気分、幻想的な雰囲気。そして第3楽章での躍動感・・・
短調で書かれている作品ですが、全体的には、冷たい雰囲気の中にも豊かな情感がみられる名盤だとは思います。
そのうち、機会があれば前記のペッカ・クーシストや、リサ・バティアシュヴィリ、ヒラリー・ハーンなどの演奏も聴いてみたい。

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪

スポンサーサイト



コメント

シュレーゲル雨蛙

ハイフェッツ/バルビローリ盤知らなかったです!
HIROちゃんさん
ハイフェッツの初めての録音存じませんでした。モノーラルはヌブーばかりです。いま思い出しましたが英EMIのreferenceシリーズのCDが初めて買ったシベリウスのCDでした。始まりのヴァイオリンソロの美しさに嵌まりました。
以来、何となくですが、この曲、モノーラル向き? と思っています。ハイフェッツのモノーラル盤探してみます。

HIROちゃん

バルビローリ盤ではなく、指揮はビーチャムです。
ハイフェッツのSP録音はバルビローリ盤ではなく、トマス・ビーチャム盤です。
現在は入手可能か、カタログにあるかどうかは調べないとわかりません・・・

シュレーゲル雨蛙

m(._.)m間違えてました
間違えてました。ビーチャム卿ですね。しかしやはり知らなかったです。探してみます。
ご教示感謝します。

HIROちゃん

雨蛙さん。購入できますよ。
タワーレコードの通販で購入できます。
    ↓
こちらはEMIの6枚組BOX、5,601円 在庫あり。
https://tower.jp/item/2455290/Jascha-Heifetz--The-Master-Violinist%EF%BC%9A-J-S-Bach,-Mozart,-Sibelius,-Tchaikovsky,-etc-(1925-51)-%EF%BC%9C%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9E

こちらはメンブランの10枚組廉価盤BOX 2,116円 
お取り寄せで購入可です。録音はイマイチですが、お買い得。HIROちゃんが購入したものです。
   ↓
https://tower.jp/item/2677819/Jascha-Heifetz---Portrait

yositaka

世界初録音
HIROちゃんさん
シュレーゲル雨蛙さん
ネコパパもハイフェッツのシベリウスは好きです。
シャープで、スリムで、この曲の核心をついている。ハイフェッツの魅力は技巧だけじゃなく、音楽を組み立てるセンスの良さ。平林さんの「初演・初録音事典」によると、ビーチャムとのSPはこの曲の世界初録音とのこと。
実はハイフェッツ、前年にもストコフスキーと録音しているのですが、録音中に二人が揉め出して、一応完成したものの、発売されなかったようです。
ハイフェッツは原盤廃棄を命じましたが、なぜかテストプレスを保管していて、現在はスタンフォード大学に収蔵されているとのこと。
一度フィラデルフィア管が自主制作CDを出しているそうです。
ぜひ、聴いてみたいですねえ…と思ったら、ここで聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Ha5aN0c2C7U

HIROちゃん

ストコフスキーとの録音は知っていましたが・・・
yositakaさん
ストコフスキーとの録音は知っていましたが・・・
この録音が聴けるとは思いませんでした。
今から聴いてみます。情報ありがとうございました。
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ