fc2ブログ

初夏の雑草の花 2022 / キツネアザミ・コバンソウ・ブタナ・マメグンバイナズナなど・・・

自宅前の空き地の雑草たちです。たくさんの種類の雑草が初夏の日差しを浴びて咲いています。 そんな中、何種類かの雑草を紹介しましょう。

コバンソウ  ヨーロッパ原産のイネ科の1年草です。

コバンソウ

キツネアザミ  アザミに似ていますがキク科の植物。アザミに似ていてアザミでないために、キツネにだまされた・・と言うのが名前の由来とか・・・今年は空き地にたくさん咲いています。

キツネアザミ

ブタナ  別名タンポポモドキ、タンポポに似ています。キク科の多年草。フランスの俗名で「ブタのサラダ」の意味を訳したとのこと。ちょっと可哀そうな名前ですね。

ブタナ

ヒメジョオン  花は春に咲く「ハルジオン」そっくりで、見分けがつきません。北アメリカ原産のキク科の雑草。茎は髄になっていて、ハルジオンのように茎に穴のあいた筒状ではないのでハルジオンと区別がつきます。

ヒメジョオン

アメリカフウロ  北アメリカ原産のフウロウソウ科の1年草。

アメリカフウロ

マツヨイグサ  これはコマツヨイグサだろうか・・アカバナ科です。

まつよいくさ

カタバミ  カタバミ科の多年草。庭にも生えています・・・ 黄色の花がカワイイですね。

かたばみ

マメグンバイナズナ  北アメリカ原産のアブラナ科の多年草。果実が小さな軍配に見えるのが名前の由来。

マメグンバイナズナ

カメムシのような昆虫が3匹・・そのうち2匹が交尾をしていました。多分、カメムシの仲間ナガメと言う昆虫だと思います。アブラナ科の植物につく昆虫のようです。

カメムシか

大きく拡大してみました。去年か一昨年にも同じ場所で見かけました。

無視拡大

前回、紹介したマツバウンランです。芯の上部には、まだ花が咲いていますが、もうすぐ花は終わりです。

まつばうんらん

マツバウンランは、種が出来始めていました・・・

まつばうんらんたね

拡大してみると、種が詰まっているのが分かります。1mmよりもっと小さな種です。

種

・・・番外編・・・
雑草ではありません。我が家の玄関近くのラズベリーの葉に毛虫が付いていて退治しました。
蛾か?蝶?の幼虫か全くわかりません。この類の幼虫はHIROちゃんにとっては、全部「毛虫」ですね。

IMG_2563.jpg

まだまだ、たくさんの雑草の花を見つけたのですが・・
今日は、このへんで・・HIROちゃんでした。 では・・ (^^♪
スポンサーサイト



コメント

シュレーゲル雨蛙

キドクガかな?
亀虫はナガメ(菜亀)です。アブラナ科の汁を吸います。亀虫は蝉に近く、ストロー状の口を茎に刺して汁を吸います。
毛虫は、ドクガの仲間かな? キドクガに似ています。幼虫は毒があるので手で触れない方がよいと思います。

元新潟のU

雑草
こうして名前が判ると楽しいですね。

HIROちゃん

毒のある幼虫は要注意ですね。
シュレーゲル雨蛙さん
情報ありがとうございます。ナガメがストロー状の口とは・・・観察不足でした。

毛虫ですが、これまで手で触れて腫れたり痛みが出たことはありませんが、毒があるのは注意した方が良いですね。

毒のある幼虫は幼虫威(要注意)ですね・・・ダジャレのつもり・・?

HIROちゃん

分からない時は・・・
元新潟のUさん、
良く見かける雑草の名前は大体は分かりますが、初めて見つけた雑草や、名前が分からない時は、野草や雑草の本などで調べます。
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ