fc2ブログ

ブルックナー交響曲第6番/ラファエル・クーベリック指揮/バイエルン放送響 DVD映像

 Yositakaさんのブログでティーレーマンのブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」の投稿を読んでいたら、ブルックナーが聴きたくなりました。ブルックナーの交響曲というとHIROちゃんは、第8番を聴くことが最も多く、次いで第7番、第9番、第5番、あたりが多く、第4番「ロマンティック」はどちらかというと多く聴く方ではありません。その他の第0番、第1番~第3番、そして第6番となると聴く回数も非常に少ないのですが、最近、聴くようになったのが第6番・・・
そこで、今回は第6番の交響曲について書いてみます。

第6番は、これまであまり聴かなかったこともあり、手元にある音源も多分18種類と、あまり多くありません。
 それらのHIROちゃんのライブラリーの中では、オイゲン・ヨッフム/バイエルン放送響、ギュンター・ヴァント/ケルン放送響、朝比奈隆/大阪フィルハーモニーSO、セルジウ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル、ヨゼフ・カイルベルト/ベルリン・フィルハーモニー、オットー・クレンペラー/ニュー・フィルハーモニアO、スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送響あたりがお薦めだろうか・・・

そんな中からどの演奏を聴こうかと考えたのですが、ラファエル・クーベリック指揮/バイエルン放送響のDVD映像を持っていることを思い出したので、これを久しぶりに鑑賞することに・・・

ラファエル・クーベリック指揮/バイエルン放送交響楽団
収録:1977年 ミュンヘン・ヘルクレスザール


img20220814_09071950.jpg

 このDVD、今から12年位前、会社員現役の横浜単身赴任中に、タワーレコード横浜店のワゴンセールで680円という安価で購入したもの。
クーベリックのブルックナー交響曲というと、多分、第3番、第4番「ロマンティック」、第6番、第8番、第9番がバイエルン放送響との録音で残されていると思うのですが、全曲録音できなかったことがブルックナー・ファンとしては残念です。

 クーベリックのブルックナー交響曲第6番ですが、かなり前ですが、METEOR盤で、バイエルン放送響とのライブ演奏が非正規盤(海賊盤)でありましたが、残念ながら持っていません。この演奏は多分、末尾に紹介したYou Tube に投稿された音源と同じものだと思います。ライブ演奏ということもあって、かなりの力演! 第1楽章などは金管楽器の強奏も聴かれ、なかなか。第2楽章も深い感情が見られ、第3楽章、第4楽章のオーケストラもなかなか聴きごたえがあります。

さて、今回紹介するDVDですが、ニホンモニターから発売されていたもので、1977年ミュンヘン・ヘルクレスザールで収録された映像です。1977年で映像はカラーですが録音はモノラルです。映像を見ていると無観客なのでコンサートではなく、おそらくテレビの放送用として収録されたものと思います。ヴァイオリンの配置が左右両翼なので、ステレオで聴きたいところですが、モノラルでも聴きやすい音質と言えるでしょう。クーベリックの暗譜による指揮姿を見ることが出来るのも魅力です。

少しボケていますがテレビ画面をデジカメでパチリ!

IMG_2849.jpg

IMG_2851.jpg

IMG_2852.jpg

 第1楽章ですが、弦のちょっと変わったリズムに刻まれた後に打楽器が引継ぎ、金管楽器によって派手な主題となります、ここは厚い響きを感じますが、落ち着いた演奏です。
 第2楽章は、アダージョ・・、ブルックナーのアダージョはどんな曲を聴いても美しく深い感情が表現されています。この演奏でも少し暗い寂寥感を感じさせますが、非常に美しい祈りを感じます。すばらしい。
 第3楽章のスケルツオは、シンプルでキレのある演奏。終楽章は豪快さはないものの、オケの響きは聴きごたえありです。
 第6番を聴いていると、同じブルックナーでも他の第7番から第9番までの印象や、第5番、第4番などの印象と比較すると大分異なる印象を受けます。
何となくまとまりのある音楽なのか、そうでないのか不思議さを感じる曲です。 まあ、それがこの曲の魅力かもしれません。

 このDVDの演奏は、全体的には盛り上がりに若干欠けるようにも感じますが、数台のカメラで映し出される多方向からのアングルによる、クーベリックの指揮映像など貴重ですし、十分に楽しめると思いました。

この演奏と映像は下記の You Tube で鑑賞できます。ただしDVDより若干音は良くありません。
ブルックナー交響曲第6番 クーベリック バイエルン放送響 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=KsUvKBWx9ZY

こちらは、前述のように多分、METEOR盤からのライブ録音だと思います。
海賊盤としては音もなかなか良いし、演奏もライブ感があっていいですね。
Bruckner - Symphony No.6  Kubelik BRSO live - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Utdv8zGAw1E

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。 (^^♪
スポンサーサイト



コメント

yositaka

地味ですが6番はいい曲ですね。クーベリックは第1楽章がちょっとせかせかしすぎて、私の好みでは今一つですが、第2楽章以降はなかなか魅力的です。
彼はソニーにたった2曲録音しただけで引退してしまい、全集に至らなかったのが残念でした。4番は大変良かったし、のちにOrffeoで発売された8番と9番も聴きごたえがありました。

HIROちゃん

残念ですね・・・
yositakaさん、コメントありがとうございます。
クーベリックはソニーに2曲録音しただけで引退してしまい、全集に至らなかったのが本当に残念でした。
ソニーの録音した2曲はどちらも持っています。第4番は良かったと思います。

第6番は、地味で目立たたない曲ですが、最近は聴くようになりましたね。

シュレーゲル雨蛙

夏バテでしたm(__)m。
天候不順と暑さで、ちょっとばて気味でした。今日、久しぶりにパソコンの前に座っています。クーベリックは好きな指揮者ですが、ブルックナーの6番は聴いたことがありません。映像もあるのですね。(代わりに?)昨夜は、キングレコード盤レコードでテレフンケン録音のカイルベルト/BPOの同曲を聴きました。一言でいうと、ゴリッとした演奏。フルトヴェングラーが没してまだ10年にならないころのBPOの音でした。ブルックナーというとどうしても5・7・8・9と6を飛ばして数えてしまう蛙でありますが、6番も味わいがあります。いつも敗北している0番をと思い、朝比奈/大阪PSOのレコード(78年ライヴ)aをかけましたが、夜遅かったせいでしょうか、第2楽章途中で眠ってしまいました。また敗北です。00(?)、0、1、2はなかなか、勝てません。
(6番は、いつもは、ヨッフム新旧のCDをかけることが多いです。)
天候不順です。くれぐれも御身大切に。

HIROちゃん

ヨッフムの旧盤が良いかな~~~
シュレーゲル雨蛙さん
暑いですね~~~ 暑くて散歩もしていないので運動不足です。

カイルベルト/BPOのブルックナー交響曲第6番はLPレコードとCDで持っていますが、なかなかいい演奏だと思います。
確かに第6番はあまり聴きませんし、地味な曲ですが、最近は結構聴くようになりました。
個人的にはヨッフムの旧盤のバイエルン放送響の演奏が良いかな~って思っています。
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ