fc2ブログ

名指揮者の名盤・名演奏(18)/カール・シューリヒト①/ブルックナー交響曲編

「名指揮者の名盤・名演奏」 今回は、カール・シューリヒトです。これまで17回、この企画をシリーズで投稿していますが、シューリヒトで、やっと8人目です。

 

カール・シューリヒトのプロフィール

 指揮者。1880年7月3日、ダンツィッヒ(現ポーランド領)で生まれる。1967年1月7日スイスのコルソーにて没。父親はオルガン製作者。11歳で作曲、15歳で指揮を始め、ベルリン音楽大学を経て、マインツ、ドルトムントの歌劇場で修業を積む。1912年から31年間にわたってヴィースバーデン歌劇場の音楽監督を務める。ナチスを逃れてスイスに亡命。戦後はザルツブルク音楽祭をはじめ、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど各地のオーケストラに客演した。56年のウィーン・フィル初の米国公演にはクリュイタンスと共に参加、ドイツのもっとも正統的な指揮者と評価された。

2012/07/30 (2013/01/11更新) (CDジャーナル)

 

シューリヒトの音源は、ブルックナーをはじめ、モーツアルト、ベートーヴェン、ブラームスなど結構多くのLPやCDをライブラリーとして架蔵していますので、何回かに分けて書いてみたいと思います。シューリヒトの1回目は、ブルックナーの交響曲です。

ブルックナーの交響曲は私にとっては、ベートーヴェン、ブラームス、モーツアルトの交響曲と同様に、大変好きでベートーヴェンに次いで、相当数のライブラリーがあります。私の好きなブルックナー交響曲のLP、CD等は非常に多く、特にシューリヒト、クナッパーツブッシュ、ヴァント、マタチッチ、ケンペ、ヨッフム、カラヤン、クレンペラーあたりの音源を数多く持っています。あとはチェリビダッケ、評価が分かれますが、私は好きな部類です。

 また、朝比奈隆氏のブルックナーは言うまでもなく、好きで、もちろん彼のブルックナーの音源も相当数持っています。今後、シューリヒト以外の指揮者による演奏も順次、紹介する予定です。

 

 まずは、カール・シューリヒト指揮のブルックナー交響曲について、私のライブラリーを紹介します。LPレコードは全てCDで再購入しています。

LPレコードは後から写真を紹介しますが、こちらはCDとCDのBOXです。同じ音源でダブリも何枚かあります。 IMG_3722.jpg

 

IMG_3723.jpg


■交響曲第3番ニ短調

・ウィーン・フィルハーモニーO (1965EMI ステレオ録音)

■交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」

・シュトゥットガルト放送SO (1955/4/5ライブ)

・スイス・ロマンドO(1961/12/6ライブ)

■交響曲第5番変ロ長調

・シュトゥットガルト放送SO (1962/10/18ライブ)

・ウィーン・フィルハーモニーO (1963/2/24ライブ)

交響曲第7番ホ長調

・ベルリン・フィルハーモニーO (1938)

・シュトゥットガルト放送SO (1953/3/6ライブ)

・北ドイツ放送SO(1954/10/4ライブ)

・デンマーク放送SO (1954/9/30ライブ)

・ハーグ・フィルハーモニーO (1964/9ステレオ録音)

・ベルリン・フィルハーモニーO (1964 ザルツブルグ音楽祭ライブ)

交響曲第8番ハ短調

・シュトゥットガルト放送SO (1954/3/10ライブ)

・北ドイツ放送SO(1955/10/24ライブ)

・ウィーン・フィルハーモニーO (1963EMI ステレオ録音)

・ウィーン・フィルハーモニーO (1963/12/7ライブ)

交響曲第9番ニ短調

・ベルリン市立O (1943)

・シュトゥットガルト放送SO (1951/11/2ライブ)

・ウィーン・フィルハーモニーO (1955/3/17ライブ)

・フランクフルト放送SO (1957/2/1ライブ)

・北ドイツ放送SO(1960ライブ)

・ウィーン・フィルハーモニーO (1961EMI ステレオ録音)

・バイエルン放送SO (1963/3/8ライブ)

 

 以上がHIROちゃんが持っているシューリヒトのブルックナー交響曲の全てです。モノラル録音が多く、いずれも素晴らしい演奏ですが、やはりブルックナーを聴くならステレオ録音で・・と思います。 幸いシューリヒトはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と「第3番」「第8番」「第9番」の録音を、またハーグ・フィルと「第7番」のステレオ録音を残しています。

 これらは全てLPレコードとCDの両方で持っていますが、HIROちゃんのLPレコードを紹介します。

 

■交響曲第3番ニ短調

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1965年録音)

EMI(SERAPHIM)輸入盤 S-60090

IMG_3710.jpg


 交響曲第7番ホ長調

ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団 (1964/9録音)

輸入ノンサッチ盤 H-71139 IMG_3712.jpg

  

■交響曲第7番ホ長調

ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団 (1964/9録音)

日本コロンビア OC-7259-PK ※ノンサッチ盤と同音源 IMG_3708.jpg

 

■交響曲第8番ハ短調

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1963年録音)

東芝EMI   EAC-80179-80 

IMG_3711.jpg

 

■交響曲第9番ニ短調

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1961録音)

EMI(SERAPHIM)輸入盤 S-60047

IMG_3709.jpg

  

 いずれも懐かしい思い入れのあるレコードですが、これらの中で大学時代にはじめて聴いたブルックナーがシューリヒトの「第9番」でした。このレコードは東京秋葉原に当時あった石丸電気レコード館5Fの輸入盤売り場で購入したものです。大学生時代は学生寮にいて、同じ寮にいたO君と、部屋でHIROちゃんの作った真空管アンプで夜遅くまで、この「第9番」のレコードをよく一緒に聴いた思い出があります。今からちょうど50年も前の昔の話です。

その後、同じセラフィムの輸入盤の「第3番」と、ノンサッチ盤の「第7番」を購入しました。「第8番」の東芝EMIのLPレコードは、多分、就職してから購入したもので2枚組で5,000円でした。

  

 これらの中で名盤としてまず挙げなければならないのは、第9番でしょう。シューリヒト/ウィーン・フィルと言えば、やはりその神髄は第9番、何といってもウィーン・フィルの音が素晴らしい。第1楽章のホルンをはじめ金管、木管楽器の音色が美しく、また、第3楽章では透明で、やわらかで神秘的な美くしさです。1955年のライブ盤も美しいですが、ここは1961年録音のステレオでじっくりと聴き、浸っていたい・・・。

 

 第8番ですが、決して力んだ演奏ではなく、どちらかというと淡々とした演奏ですが、特にウィーン・フィルの弦の美しい音が感動的です。第8番は、曲そのものが壮大ですが、シューリヒトのこの演奏は全体的にテンポも速く、チョット軽い感じです。最近はこの第8番のテンポが、かなり速すぎる感じに印象が変わってきました。個人的にはもう少し全体的にテンポを落とした方が好みなのですが・・。しかし巨大なスケール感や重厚さはあまり無いものの、良く聴くと細部の感情が表現されていると共に、豊かな澄んだ響きになっています。やはり第8番の名盤の一つだと思います。

 

 第7番は、コンサートホール盤は音が悪いと言われていますが、コロンビア盤(DENON)はそれほど悪くありません。これもシューリヒトらしいテンポの速い淡々とした演奏です。ハーグ・フィルはオーケストラとしては二流とも呼ばれているかもしれませんが、シューリヒトの指揮では全楽章とも優美と言えるでしょう。特に第2楽章のアダージョの美しさは何とも言えません。 ウィーン・フィルや、ベルリン・フィルのような超一流のオーケストラでの演奏ではありませんが、ステレオで録音を残してくれたことには感謝です・・・

 なお、1964年8月のザルツブルグ音楽祭でのベルリン・フィルハーモニーとの第7番のライブ盤ですが、ハーグPO盤と異なり、テンポも少し早くなっています。ベルリン・フィルハーモニーの弦と金管の音が素晴らしく、また会場の雰囲気もモノラル録音でありながら良く捕えられていて、拍手も入っています。ところどころシューリヒトとは思えない金管の強奏があり興味を引く演奏で、これも名演。ステレオ録音でないのが何とも残念ですが、音は良い方です。

 

 そのほかの演奏ですが、シュトゥットガルト放送交響楽団による演奏は「カール・シューリヒト・コレクション(CD20枚+DVD1枚)」のオーストラリア放送協会によるライブ録音で、いずれもモノラルですが正規盤のため、音は聴きやすいです。しかし同じ日の録音ですが、Memoriesレーベル盤も一部もっていますが、こちらはあまり音が良くありません。

 

※今回の投稿記事は2014年12月4日に書いた「カール・シューリヒトのブルックナー交響曲」から一部引用、加筆修正したものです。 

次回はカール・シューリヒト②/モーツアルト編を投稿します。

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

シュレーゲル雨蛙

なぜか宇野重吉を思い出します
HIROちゃんさん
シューリヒトのブルックナー、ぼくも9番から入りました。重苦しい演奏を聴いた後には、必ずこれを聴き直さないとすっきりしない、これは喩えで、実際に聴き直さなくても、頭の中でシューリヒトのように口ずさんでみると落ち着く、必ずたち返る場所みたいな演奏です。
8番は、淡々というよりも、ぼくは飄々という感じがします。昔々、宇野重吉が松竹梅のテレビコマーシャルをしていましたが、なんだか、そんな肩の力の抜けた、軽やかなやさしいブルックナー、8番には似合わないはずの、ところがそれがみごとにつぼにはまってしまった、他に類を見ない演奏であるように思います。
ここまで書いて、愕然です。この8番たぶん10年以上聴いていません。これでよかったか、これから恐る恐る聴き直してみようかな、と思います。聴き直すきっかけ、ありがとうございます。

HIROちゃん

雨蛙さん、コメントありがとうございます。
シューリヒトの第8番は、飄々として・・なるほど・・宇野重吉さん~わかります。そんな感じですね。

今回、聞き直ししたのは、おもにステレオ盤で、モノラル録音のものはあまり聞きませんでした。
それでも何枚かはききました。
今回の企画は、久しぶりに聞き直しをする絶好の機会なのですが、全部は聴かなくても、結構大変な作業です。また、同じ曲の聴き比べも疲れます。終る前に、お迎えがくるかも・・・頑張ろう❗

yositaka

シューリヒトのブルックナー
シューリヒト、いいですね。ブルックナーの9番は東芝から出た2枚組の「セラフィム名曲ダブル」、3番との組み合わせでした。それまで9番はワルターのものしか聴いたことがなかったので、フレーズ間切り返しの素早さと、瞬時の切込みが続く第1楽章、疾風のような第2楽章、一筆書きのような歌い口で始まり、澄んだ清流のように流れる第3楽章にすっかり夢中になりました。最後のピチカートが鳴ったあとも、名残惜し気に数秒音を伸ばすホルンなど、まさに演奏解釈の奥義を聴くと言ってもいいでしょう。
あとは、シューリヒトの名前を見聞きすると、いてもたってもいられなくなる。今もそれは続いていて、先日も初登場のバーゼル交響楽団との2枚組CDを入手して、さていつ聴こうかと思っているところです。
彼のブルックナーは曲ごとに別の世界を見る思いです。
第8番を宇野重吉の飄々の芸に例えるとは、さすが慧眼のシュレーゲル雨蛙さん。第3楽章の「さらっとフォルティッシモ」なんて、まさにそれですね。
私は音の響き方が他とはまるで異なるハーグでの7番も好きです。それから、目まぐるしいほどのテンポの変転を繰り返しつつ、フイナーレの凄絶な盛り上げに持っていくウィーン・フィルとの第5番も。
ただ、病み上がりの体調で無理して演奏した第3番だけは、ちょっと聴いていて辛いものがあります。録音後、シューリヒトは40度の高熱をだしてしまったとのこと。

HIROちゃん

yositakaさん
コメントありがとうございます。
シューリヒトは、私も好きで特にブルックナーは、好きです。

バーゼル交響楽団とのハフナーとブラームスを購入、聴きました。次回の投稿で簡単に書く予定ですが・・
スイス放送局提供とのことですが、モノラルでも音は劣化していて少し残念。
演奏は・・? 基本的なスタイルは、他の録音とほとんど同じだと思うのですが・・・ハフナーは、 ちょっと期待しすぎたかも? 

HIROちゃん

追記
雨蛙さんの話しには感心しましたね。

シューリヒトが高熱をだしたこと。初めてしりました。

HIROちゃん

あらためてバーゼル交響楽団のモーツァルト交響曲第35番、聴きました。
前回は、携帯用のCDプレーヤーで聞いたのですが、あらためて聴くとライブらしく、なかなか良かったです。音もあらためて聴くと聴きやすい音でした。あとでまた投稿します。
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ