fc2ブログ

フルート&ハープ/ランパル&ラスキーヌ/日本の旋律集・・LPレコードを100円で購入&クレンペラーのLPも・・

 昨日、勤務先の直ぐ近くのリユース・リサイクル店の100円LPレコード・コーナーでジャン=ピエール・ランパル(フルート)/リリー・ラスキーヌ(ハープ)/矢代秋雄(編曲)による、フルートとハープによる日本旋律集のLPレコードを購入しました。税込みで110円・・・帯まで付いていました。 IMG_4231.jpg

盤は全くの無傷でピカピカでした。

IMG_4228.jpg

<曲目>

春の海 中国地方の子守り唄 赤とんぼ ちんちん千鳥

南部牛追い唄 出船 この道 花嫁人形 荒城の月

城ヶ島の雨 花 さくらさくら


 このレコードは、日本コロンビア創立60周年を記念して発売されたLPで価格は2,000円、1970年に初めて発売された盤です。

(日本コロンビアから録音を委嘱されたERATOが1969年6月に録音したものです) 

 現在、拙ブログでは、「名指揮者の名盤・名演奏」の投稿中で、次回投稿予定のオットー・クレンペラー指揮による、ベートーヴェンの交響曲を毎日聴いていますが、今日はちょっとお休みで、フルートとハープで癒されたいと思います。

 さて、この演奏ですが、日本人なら誰でも聴いたことのある旋律ばかりです。ランパルとラスキーヌという世界的な奏者による演奏ですが、違和感はありません。「日本の心」みたいなものまで感じる、どの曲も素晴らしい演奏でした。 

 あっ!・・そうそう・・100円レコードと言えば、昨日、このレコードと一緒にオットー・クレンペラー指揮/フィルハーモニア管弦楽団による、ベートーヴェン交響曲第5番「運命」と、シューベルト交響曲第8番「未完成」のLPレコードを見つけたので購入しました。クレンペラーのベートーヴェンは既にLPレコードとCDも持っているのですが、ジャケットが違っていて廉価盤LPではなかったので購入しました。いわゆる「ジャケ買い」ですね・・・

次回の投稿で紹介します。 

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

ルーネスノヘヤマンション・アウグストゥヴィチ・レッカフィリップスエヌヴェ

高そうな楽器群
おらは、ハーモニカと、リコーダーやっています。
ボケ防止の為に、音が綺麗に出ないね。
オカリナも。
運指の問題かなぁー。

HIROちゃん

オカリナ、リコーダーは私も持っているので時々やります。良くわかりませんが、リコーダーやオカリナは息を強く吹くと音が奇麗に出ないようです。少し柔らかめに吹くときれいな音が出るかも・・

シュレーゲル雨蛙

PHILIPSからは
 ランパルの人気は凄かったように思います。亡くなったときに、名鉄電車内の電光ニュースで知りました。あ、ニュースになるんだ!
 あれ? なんかあったと、100円には105円でお返ししようと探しました。1964年4月19日、20日に日本ビクター東京スタジオで録音された「ハンガリー田園幻想曲/ランパルの至芸」SFL-7760。伴奏は小林道夫がA面ではチェンバロ、B面ではピアノで。
A面。アルビローニのソナタロ短調、バッハのG線上アリア、クープランの恋の夜鶯、ヴィヴァルディのハ長調ソナタ。B面。ドップラーのアルバムタイトル、宮城道雄の春の海、ジュナンのヴェニスの謝肉祭。
解説最後に、「尚、ランパル自身、日本ビクターの録音技術を絶賛していたが、このレコードはあらゆる面から見て、日本に於て録音された最優秀レコードの一つだと思う。」とあります。解説は吉田雅夫。あれ? この人はN響の主席フルート奏者! たしか岩城宏之のエッセーで、カラヤンがベルリンフィルに欲しがったと書いてあった。
東京オリンピック間際の録音だったのでした。ぼくはピカピカのランドセル辺りです。

HIROちゃん

初めて聴いたランパルは・・・
蛙さん、
私が初めてランパルの演奏を聴いたのは、今から60年近く前の中学生の時でした。
曲はバッハの管弦楽組曲第2番、カール・ミュンヒンガー指揮/シュトゥットガルト室内管弦楽団との録音で当時、17センチの33回転レコードでした。探せばまだどこかにしまってあると思います。
ランパル自身が日本ビクターの録音技術を絶賛していたのは、知らなかったですね。

yositaka

日本の旋律
この盤の好評に答えるかたちで、同じく矢代の編曲で「バイヤール/日本の旋律」が出て、これにもランパルとラスキーヌは参加。
それから数年後、矢代の教え子の池辺晋一郎の編曲で「バイヤール/日本のメロディ」が出ました。フルートはランパルの代わりにラルでが参加。ラスキーヌはまたも参加。
どれも素晴らしい。特に矢代編曲の2枚は、矢代の傑作としても、日本のクラシックに残る作品と思います。寡作で知られる現代音楽の大家が、よくぞこの仕事を引き受けたものと感心します。
ネコパパ、図書館で掛けると喜ばれるので、この3枚はすべて購入しました。もちろん、どれも100円です。

HIROちゃん

yositakaさん
返信が遅くなりました。
池辺晋一郎氏の編曲で「バイヤール/日本のメロディ」・・これ聴いてみたいですね~~
3枚とも100円とは驚きですね・・・

話はそれますが、合唱団に所属していた関係で、水戸市出身の池辺晋一郎氏の客演指揮で定期演奏会を行っていますし、合唱団として池辺晋一郎氏の合唱作品の初演をしたこともあります。そんなことで、池辺先生とは演奏会の打ち上げで親しく話をしたり、2次会で遅くまでお酒を飲んだことがあります。とてもダジャレが好きな方で、楽しい方ですね。
最近は練習に行くのも遠方となり、定期演奏会などの演奏会では記念演奏会などでOBとして時々は歌っていますが、大体は歌わないでステージ・マネージャーとして裏方で動いています。

夕張メロンパン

初めまして
先日は承認ありがとうございました。

外国のかたが日本の曲を演奏するとより「日本」を感じたりします。

なんというか感性の違いなのでしょうかね。

それと一枚100円は羨ましいです!
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ