fc2ブログ

名指揮者の名盤・名演奏/番外編/ブルーノ・ワルターのモーツアルトが聴きたくなった・・・

 現在、名指揮者の名盤・名演奏として、フルトヴェングラーのブラームスの作品を続けて聴いていて、近いうちに投稿予定です。

 しかし、続けてモノラル録音の演奏ばかり聴いていると、音の良いステレオ録音で聴きたくなります。同じブラームスの交響曲を聴こうと思ったのですが、ステレオ録音盤でモーツアルトの交響曲第40番ト短調と41番「ジュピター」を聴くことに・・

ステレオ録音だと多くの名盤が多いのですが、選んだのはブルーノ・ワルター指揮/コロンビア交響楽団の演奏。

 前回の投稿でフルトヴェングラーの「モーツアルト交響曲第40番ト短調」を聴いたのですが、生々しい悲劇性を感じる演奏で、評価が分かれる演奏だと思うのですが、個人的にはあまり好みません。

 ワルター指揮のコロンビア交響楽団盤は、第40番が1959年、第41番が1960年のステレオ初期の録音ですが、フルトヴェングラーと異なり、最晩年とは言え、コロンビア交響楽団と多くのステレオ録音を残してくれたことは、クラシック音楽フアン、ワルター・ファンとしてもうれしい限りです。

 

今回はLPレコードでの鑑賞・・・

演奏については、あらためて書く必要はない「名盤・名演奏」でしょう。


IMG_4567.jpg


IMG_4570.jpg

 

過去の投稿記事はこちらです。

名指揮者の名盤・名演奏(8)/ ブルーノ・ワルター ③ / モーツアルト交響曲編 - 真空管アンプの自作/クラシック音楽/家庭菜園/鉄道写真など (fc2.com)

 

明日は、フルトヴェングラーのブラームス作品の続きとして、「交響曲第4番」を聴く予定です。近いうちにフルトヴェングラー③として投稿します。

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ