fc2ブログ

ポール・モーリア/グレイテスト・ヒッツ30の2枚組LPレコードを購入/恋は水色・エーゲ海の真珠 他

 今日の仕事の昼休み、近くのいつものリサイクル・リユース店の100円レコード・コーナーを中心にクラシック音楽を物色したのですが、これといったものが見つかりません。そんな中、ポール・モーリアの2枚組LPレコード(20PP-31~32)を見つけ、300円で購入しました。フィリップスレコードから1980年頃に発売されたアルバムで当時の価格は4,000円。もちろん中古ですが「検盤クリーニング済/盤質Aランク」とのシールが貼ってあり全くの無傷でした。ジャケットもきれいで、帯まできれいに残っています。(お買い得といって良いでしょう・・)


KIMG2812.jpg

 

KIMG2817.jpg


 ポール・モーリア(1925-2006 81歳没)と言えば、1965年に「ポール・モーリア・グランド・オーケストラ」として、フィリップスと契約し、1968年の「恋は水色」が全世界でヒットします。

 1970年代には、イージーリスニングとして、このポール・モーリアや、レイモン・ルフェーヴル、カーメン・キャバレロ、カラベリ、ニニ・ロッソなどの音楽が良くラジオで流れていました。この頃はちょうど大学時代、東京のレコード店でアルバイトをしていた時で、このほかにもフランク・プゥセル、マントヴァーニ、パーシーフェイス、スタンリー・ブラック、カーメン・キャバレロ、101ストリングスといったレコードがたくさん売れていた記憶があります。(良く店内でもこれらの曲を流していました)

 

 ポール・モーリアの音楽と言えば、ポピュラーではあまり使用されなかったチェンバロを積極的に使い。またシンセサイザーなどの電子楽器を多く使用していることでしょうか。そのため音楽そのものが表現は悪いのですが、金属的な響きが多く感じられます。イージーリスニングでは、個人的にストリングの団員を多くしたマントヴァーニ・オーケストラが好きなのですが、それに比べるとポール・モーリアのストリングはあまりいただけません。

とは言え、ポール・モーリアの音楽は親しみやすく、旋律も美しいし、オリジナル曲でない編曲も魅力があります。

 

 今回、購入した2枚組のLPレコードは、前記のように1980年頃に、ポール・モーリアの来日10回記念として発売されたものですが、ポール・モーリアの代表曲をはじめ30曲が収められた珠玉のベスト・セラー曲集と言えるでしょう。


では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

ルーネスノヘヤオフィス・ラーヴァコックローチマン・コンヴァースエアーマクス・カードリフト

良い歌は
親世代が聞いていて知っています。
カーラジカセで親が、カセットテープで車内で流していました。

HIROちゃん

そうでしたか・・・
良い曲がたくさんありますよ。


非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ