fc2ブログ

雑誌「ベートーヴェンの交響曲・協奏曲」/音楽の友社/2020年1月発行

久しぶりに地元の市立図書館に行ったのですが、下記の雑誌「ベートーヴェンの交響曲・協奏曲」を見つけたので借りてきました。2020年1月1日発行、「音楽の友」「レコード芸術」編としてベートーヴェン生誕250年に合わせ音楽の友社から発売された本体1,500円の雑誌です。

 img20231121_13324042.jpg

ベートーヴェンの作品が好きなHIROちゃんにとっては、内容は下記のとおりで読みがいのある雑誌です。

 img20231121_14080266.jpg

img20231121_14042908.jpg

 どの項目も興味深い内容でしたが、第4章の「古今東西のベートーヴェン“振り”」の記事の中では『ワインガルトナーからネルソンスまで』と題し、約30人の指揮者について、ベートーヴェン交響曲の解釈の変遷が書かれています。しかし、HIROちゃん個人的には記事の中にコンヴィチュニー、シューリヒト、カイルベルト、スイトナー、ブロムシュテットらの名前が出てこなかったのは残念でした。

 

 また、参考までに、この雑誌では「ベートーヴェン交響曲の名盤」と題し、交響曲&協奏曲100枚の名盤が紹介されています。そのうち交響曲は63枚が紹介されていたのですが、これらの中から下記の5枚はHIROちゃんのライブラリーとして手元にはありません。聴いてみたいとは思いますが、今のところこれら音盤の購入は考えていません。

 

・交響曲第1番、第2番

   トマス・ダウスゴー指揮/スウェーデン室内管弦楽団

・交響曲第1番

   ジェレミー・ロレール指揮/ル・セルクル・ドゥ・ラルモニー

・交響曲第8番

 フィリップ・ジョルダン指揮/ウィーン交響楽団

・交響曲第7番、第8番

 久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス

・交響曲第7番、第8番

 アンドリス・ネルソンス指揮/ウィーン・フィルハーモニー

 

 なお、協奏曲、ミサ・ソレムニス、合唱幻想曲の名盤37枚ついては、このうち21枚を持っていました。

現在、フルトヴェングラー指揮によるワーグナー作品から次回の投稿に向けて、「トリスタンとイゾルテ」と、「ニーベルングの指輪」を聴きはじめました。とても長い曲なので聴くのも大変・・・

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

ルーネスノヘヤマウス・バスケサッカーヴァリーボウルラビットマン・ブリケイジボクス・アルヤーマン

クラシック曲で
エリーゼのためにや、メヌエットG DUR、月光1〜3、トルコ行進曲など名曲ばかりを残されている苦労人ですね。

HIROちゃん

おっしゃるとおりですね。

yositaka

「音楽の友」「レコード芸術」共同編集なのが残念で、店頭で見て今一つ食指が動きませんでした。私が読みたいのは「全録音徹底批評」みたいなもので、譜面に弱い私は楽曲研究は苦手。演奏家によるコメントも、その人の演奏以上に語り掛けてくるものはない、というのが正直な実感です。まあ、演奏家ですからそれが当然でしょう。

HIROちゃんさんの手元にない盤、これだったら特に聴いてみたいものがないですね。実際は知らないだけで、いいものがあるのかもしれませんが。

購入のつもりは・・

yositakaさん
この雑誌、私も購入するつもりはありませんでした。たまたま孫と市立図書館に絵本を借りに行ったとき見つけ、借りてきたものです。

手元にない音盤・・まったく購入するつもりは無しです。
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ