fc2ブログ

ブログ再開/心臓カテーテル・経皮的冠動脈ステント留置術3か所/手術中に心室細動!・心臓マッサージと3回の電気ショックで復活!

手術が終わり、退院しました。

手術中に一時、危険な時があったのですが、心臓マッサージと3回の電気ショックで復活しました。今は元気です。


前回の投稿で、文章の書き方が深刻です、と書いてしまったので大変ご心配をおかけいたしました。コメント欄は削除していたのですが、お見舞いや、励ましの言葉をたくさんいただきありがとうございました。「拍手」ボタンにコメントが書かれているのに気が付かず、ご返事できずに大変失礼しました。申し訳ありませんでした。・・あらためて皆様に感謝いたします。

 

あくまで個人的な話ですが・・・

実は心臓病をこれまでいくつか抱えていて、若い時(22歳)に心膜炎(心嚢炎)になりましたが、これは入院治療で完治。

また、これも若い時から不整脈(発作性心房細動)の発作が何年かに数回度位の頻度で起きていたのですが、60歳を過ぎてから頻繁に激しい発作を起こすようになり、救命救急センターに何回か搬送されるなど、何度も救急車のお世話になりました。

心房細動は、心臓内に血栓ができやすく、血栓が脳に詰まり脳梗塞になりやすくなるとのことで、これまで心臓カテーテルによるアブレーション手術を2回行い、心房細動の発作は、期外収縮の不整脈は時々出るものの、はほとんど起きなくなり落ち着いています。

  

そして、会社員時代の56歳の時に、心臓の冠動脈に狭窄がみられない血管の痙攣で発症する「異型狭心症(血管攣縮性狭心症)」を発症し、投薬による治療を続けてきたのですが、今回、強い胸痛に襲われ、自分でニトログリセリンを舌下、落ち着かないので救急車を要請、隣町の救命救急センターに搬送され、点滴等で落ち着きました・・

その後、いつも通院している総合病院の循環器内科で負荷心電図(検査の途中で苦しくなってしまった)を行い、「労作性狭心症」と診断、造影剤による冠動脈の心臓カテーテル検査を受けたところ、今度は冠動脈に狭窄がみられ、さらに針金?を挿入して血管内の血圧を調べたところ、手術が必要と言われ検査に続き、手術をすることになりました。

冠動脈が枝分かれする手前の部分と別れた部分に狭窄がありました。これまでコレステロールの値はいつも正常だったのですが、それでも血管には沈着があったようです。

太い冠動脈の場所だけに、本来ならば胸を切り開いてバイパス手術も考えられる状態だったようですが、今回は、腕の血管からカテーテルを心臓の冠動脈の中に入れ、狭窄部分をバルーンで広げ、金属の筒の網(ステント)を入れる心臓カテーテルによる「経皮的冠動脈ステント留置術」という手術を受けました。

普通のステントを入れる手術は、大きな苦痛はないようですが、一度に3か所にステントを入れるという手術で、狭窄部分にバルーンを膨らませて血管を広げる時が、麻酔はしないので、かなり痛い!・・しかも太い冠動脈を一時的にバルーンで塞ぐので胸が苦しく、とにかく痛い!

ものすごい脂汗と痛みに耐えていたのですが、太い血管部分と3か所ということもあってか、手術中に命に危険な「心室細動」を発症!、急激な血圧低下で気を失いました。気絶!です。

その後は気が付くまで覚えていないのですが、主治医から危険な状態になり、心臓マッサージと、電気ショックを3回行うことで、心臓が復帰したと術後に説明を受けました。

 とにかく、これまで経験のない痛みと苦しみ・・・心臓復帰後、残りの処置を更に行い痛みに耐え終わったのですが、手術は3時間以上かかり、「カテーテル手術としては大手術でしたが、綺麗にできました。」と主治医から言われました。

入院は3泊4日間だったのですが、心臓マッサージと、3回の電気ショックによる心臓の筋肉のダメージが少しあるとのことで、多少、胸の違和感が残った感じでしたが、今は、もう大丈夫です。

今回の手術は再発することが多く、ステントを入れた場所は更に再発率が高い場所ということで、半年後に再び造影剤によるカテーテル検査を行うとのこと。再び狭窄が見られればカテーテルによる治療を行い、その後、場合によってはバイパス手術が必要になるかもしれないとのこと。

今回の手術・・・おそらく心筋梗塞で急死するときには、同じような感じの痛み、苦しみで気を失い死ぬのだろうな・・・多分、再発したら、その場で急死するかも・・

ということを考えてしまったり、猛烈な痛み、苦しみが頭からまだ離れず精神的に少しまいっていたのですが、気持ちも落ち着いたのでブログを再開しました。


「ハコベ」です。自宅の周りにたくさん小さな花を咲かせています。

hakobe.jpg


では、近いうちにクラシック音楽から投稿を再開します。

では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

シュレーゲル雨蛙

おかえりなさい!
おかえりなさい!
ご無事でよかったです!
私事ながらぼくは以前一病息災(頭が悪い)と言ってましたが、
最近は二病息災(頭と腹の中が悪い)と言い換えております。
くれぐれもご無理なさいませんように。
好きな音楽を聴きながら、
オーディオや畑仕事を楽しみ、
ブログで憂さを晴らしましょう。
ご家族もほっとなさっていられるかと思いますが、
ご無理なさいませんように。
少しずつ生活を整えられますように。
(と申しつつ、新しいブログを楽しみにしております。)

HIROちゃん

ありがとうございます。
シュレーゲル雨蛙さん
ありがとうございます。
これからは無理しないで健康に十分注意していきます。
畑仕事は無理できないので・・・今年は念願の耕運機を買うつもりです。・・・
クラシック音楽は、まだ聴いていない膨大な音盤が手元にあるので、のんびりと聴いていきたいと思っています。

とにかく頭の先から足の先まで病気だらけです。
生きる屍・・・
来月は小さな脳動脈瘤の定期MRI検査・・これが頭・・
その他、頭が悪いのと、ハゲは仕方ない!治りません・・
目・・・左目眼底毛細血管狭窄(見えにくく色が薄く見える)
    白内障(今のところ軽度)1回/眼科通院
首・・・昔、車で追突された「むち打ち症」後遺症 いつも首が痛い
口・・・虫歯&歯周病(治療中)
喉・・・甲状腺腫瘍摘出手術後の定期検査(1回/3年位、気になったときで良い)
    慢性気管支炎(毎日、吸入剤使用)
肺・・・COPD(閉塞性慢性肺疾患)昔のたばこが原因 上記の吸入剤
    睡眠時無呼吸症候群(軽度)
心臓・・不整脈(心房細動/期外収縮)& 狭心症
胃・・・人間ドック時のビランあり
十二指腸潰瘍・・・若い時の病歴痕跡あり
大腸ポリープ・・・一昨年摘出手術 今年、内視鏡での再検査予定
内核痔・・・一昨年手術2週間入院(数十年の重篤な痔が完治)
前立腺肥大・・治療投薬中(だいぶ小便の出が良くなりましたが、副作用でしょうか・・ブツが小さくなってきました。(笑)
足・・・水虫・・などなど

まあ、何とか生きています。。。

flattwin

お疲れ様です。生還できてよかったです。
話を聞くと想像を絶しますよ。
今後も大変だとは思いますが体調にはお気をつけください。

HIROちゃん

生きていてよかった・・・
flattwinさん
本当に大変で、死の瞬間を経験したような感じです。
精神的にもまだ少し落ち着きませんが、命が助かったのでこれからも健康第一で行きます。

yositaka

御帰還、おめでとうございます。
ブロ友のシュレーゲル雨蛙さんから様子をお聴きして、手術成功に安心しておりました。で、今回あらためて記事拝読し、自分では想像もつかない、たいへんなところを切り抜けてこられたということを改めて実感いたしました。
一度に3つのステントをつけるカテーテル手術、麻酔なし…そんなにたいへんな手術なのに3泊4日で退院…もう、目が回りそうです。現代の医療は、昭和の感覚では推し測れないことばかりながら、HIROちゃんさんが無事生還されたのですから、まったく、すばらしい。
貴ブログが続くことも慶賀のかぎりです。
でも、決してご無理のないように。

HIROちゃん

ありがとうございます。
yositakaさん
ありがとうございます。
カテーテルによるステント留置の手術の場合、普通は2泊3日のようです。
今回は3か所を処置したこと、心室細動による心臓マッサージと、3回の電気ショックによる影響で少し心臓の筋肉がダメージを受けたこともあり、退院が1日伸びました。
いつ再発するのか常に爆弾を抱えての生活ですが、健康管理には注意したいと思います。
近いうちにまた、ブログ更新します。

ルーネスノヘヤ・ハーバルサイコロウバイオロジスト・レイザーアーマーキット・ウルティメイトパロットマン

良かった、嬉しいです!
ご無事で何よりです。

ご無理をなさらず、健康に気を遣ってください。

おらも、努力し励み、鍛錬し頑張るから!

元新潟のU

祝!
手術成功おめでとうございます。お帰りなさい。とにかくお大事に!

HIROちゃん

ありがとうございます。
ルーネスのへやさん
ありがとうございます。
やはり健康第一ですね。食事などにも注意して健康を維持したいと思います。

HIROちゃん

ありがとうございます。
Uさん
ありがとうございます。
少し落ち着いたら、またアンプつくりを始めたいと思っています。
健康第一ですね・・・!
非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ