fc2ブログ

ワーグナー/モーツアルト/オペラ集

   ワーグナー/モーツアルト/オペラ集
  -------- ルドルフ・ショック(テノール)名唱集 --------

 ルドルフ・ショック(1915~1986)は、ドイツのテノール歌手です。過日、タワーレコードの通販サイトを見ていたら、「Rudolf Schock - Wagnar Opera」と、「The Birthday Edition - Mozart Operas」というタイトルのCD10枚組の廉価盤BOX(Membran/Documents レーベル)を見つけました。しかも価格は消費税込みで2,000円以下という、とんでもない価格・・

 どんな曲が入っているのかと、詳細を見たらなんとびっくり、ワーグナーもモーツアルトも抜粋された歌唱ではなく、ワーグナーは、ウイリアム・シュヒタールドルフ・ケンペフランツ・コンヴィチュニーと言った指揮者のオペラ全曲録音。

 モーツアルトもシュミット・イッセルシュテットオイゲン・ヨッフムカール・ベームレオポルド・ルートヴィヒ指揮によるこちらも全曲録音盤・・・・曲目はBOXケース写真の下記に記載したとおりです。しかも、モーツアルトのほうは、余白にジョージ・セルや、ヨゼフ・カイルベルトの指揮するオペラの抜粋ボーナス・トラック付きです。

 録音は全てモノラルですが、音に不満はありません。面白いのはモーツアルトの「魔笛」・・・放送用のライブ録音で、出演者などの紹介から全てのアナウンスが放送開始から終了まで、きれいに収められています。
今なら、まだ多少、在庫があるかもしれません。タワーレコで税込みで、どちらのBOXも何と1,674円・・・しかも今ならポイント12倍セール(7/21まで)で186ポイント、実質1,488円で購入ができる超お買い得な10枚組BOXですよ。。。。(ただし、リーフレットや対訳はついていません・・・)

ルドルフ・ショック/ワーグナー・名唱集



【曲目】
CD1、CD2、CD3
「ローエングリン 」全曲
ヴィルヘルム・シュヒター指揮、ハンブルク北西ドイツ放送交響楽団
19537月録音
CD4、CD5、CD6、CD7
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲
ルドルフ・ケンペ指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
CD8、CD9
「さまよえるオランダ人」全曲
フランツ・コンヴィチュニー指揮、シュターツカペレ・ベルリン
19602月録音
CD10
ラインの黄金」より ヴィルヘルム・シュヒター指揮、
ハンブルク北西ドイツ放送交響楽団 195210月録音



ルドルフ・ショック/モーツアルト・オペラ名唱集



【曲目】
CD1CD2

歌劇『後宮からの誘拐』全曲
シュミット=イッセルシュテット指揮/北ドイツ放送響、同合唱団

(Oct.1954)
ボーナス・トラック
モーツァルト:歌劇『後宮からの誘拐』より
「コンスタンツェ、再びお前に逢えるなんて」
「喜びの涙が流れる時」
二重唱 「なんという運命ああ なんと心が痛むことか」
以上、ジョージ・セル指揮ウィーン・フィル、エリカ・ケート(S)
(July25, 1956)
CD3CD4CD5
歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』全曲
(ドイツ語歌唱)
オイゲン・ヨッフム指揮/バイエルン放送響、同合唱団(Feb. 1957)
ボーナス・トラック
モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より 
DerOdem der Liebe
Ist'sein Traum? O Gott, wo bin ich? / Ach, ein Kuss von deinem Munde
Auf,verehrteste Damen / Trage sanft mit leisem Wehen
以上、シュミット=イッセルシュテット指揮/
北ドイツ放送響、同合唱団(Jan. 20-23, 1953)
CD6CD7
歌劇『イドメネオ』全曲
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィル (30 July 1956)
ボーナス・トラック
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より
「私の宝のあの人を慰めてください」
(1950Berlin、オーケストラ不明)
CD8CD9CD10
歌劇『魔笛』全曲
レオポルド・ルートヴィヒ指揮/ハンブルク州立歌劇場管、同合唱団
(15Oct 1955)全曲は初出
ボーナストラック
モーツァルト:歌劇『魔笛』より
「なんと美しい絵姿」
「なんと魔法の音は強いことか」
「愛しい人よ、もうあなたにお会いできないのですか?
ヨゼフ・カイルベルト指揮 ケルン放送響、同合唱団
(Dec.19, 1954)


この「声楽・宗教曲・オペラ」の書庫の過去の投稿はこちらです。下のタイトルをクリックすると記事につながります。
 2曲のレクイエムと荘厳ミサ曲(ミサ・ソレムニス)
 ・・・・・・・ 若くして亡くなった名テノール歌手の名盤を紹介

では、今日は、このへんで・・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ