fc2ブログ

6L6GCppアンプ/製作編②/配線作業

 6L6GCプッシュプル・アンプ/製作編②
       ------ 配線作業 ------
 
 ※2017/03/04 17:10  追加投稿
  今日の配線作業状況を写真に撮りました。末尾に記事と
  写真を追加しました。
   ※2017/03/05 16:15  追加投稿 
  電源部のシリコン・ダイオードの繋ぎ方が間違っていま
  した。直しましたが、下記の写真は間違ったままです。
     なお、電源部を変更しました。
 ※2017/03/05 17:40 追加投稿
  配線作業が終わり、アンプが完成しました。
  配線の写真を末尾に追加しました。
 
  今日は、配線作業を途中までやりました。
配線方法の順番は、作られる方によってさまざまだと思いま
が、 私の配線の順番は、大体、次のような順番で作業を行
ます。
 
(1)100V電源
(2)各真空管のヒーター配線
   一度、ここでヒーターが点灯するか確認します。
(3)B電源部の配線(平滑用ケミコンなど)
    アース線は錫メッキ線などによる太い母線は張らないの
    で、その都度、黒いビニル線でつないでいきますが、必要
        に応じて、アンプ全体のアース線をラグ板につないでしま
    います。
(4)B電源部が終わったら、出力トランスのB端子への配線
(5)出力管のプレートと出力トランスのP端子への配線
(6)出力トランスからスピーカー端子までの配線
(7)上記の配線が終わったら、あとは入力端子から、順に初
   段のドライブ管から順に配線をします。
 
 配線にあたっては、実体配線図は書きません。真空管のソケ
 ットの接続を再度確認するだけで、あとは回路については、
 全て頭の中にあるので、よほど複雑な設計をしない限り、回
 路図などは見ないで、配線を進めていきます。
 配線には縦ラグ板(立てラグ?)を使いますが、私は必ず真
 空管ソケットや、他の部品の止ネジに取り付けます。
 理由は、シャーシ上にビスの頭が出来るだけ見えずに少なく
 したいだけです。
 
 
 ラグ板を利用して、どの場所にどの抵抗やコンデンサーを
 取り付けたらいいかは、全くの経験で適当です。
  抵抗や、コンデンサーは、出来るだけ並行か、直角に配置
 すると少しきれいに見えます。
 
 結束バンドは、配線後ではなく、その都度、止めていきます
 が、これは仮止め。後から線を重ねる場合には、一度止めた
 バンドをニッパーでパチンと切って、あらためて結束するの
 で配線によっては、何度も結束バンドを切ることになります。
 
  今日は、最初からは写真は撮っていませんが、電源部から
 出力トランスのB端子への配線、プレートから出力トランス
 のPまでの配線、平滑回路から出力管の第2グリッドまでの
 配線・・・ここまでをやりました。
 
 これまでの配線の写真です。ここからは、スピーカー端子
 への配線を済ませ、あとは入力端子から順にドライブ管へ
 の配線と進めていきます。ここまで来ると、あとはもう直
 ぐです。
 
 あれっ!・・・ケミコンのひとつが間違ったものを付けて
 しまいました。
 耐圧が350Vでは駄目なところが1か所ありました。後で
 450V用に交換します。
 
    ※2017/03/05 追加投稿
   電源部のシリコン・ダイオードの繋ぎ方が間違って
   いました。(直しましたが、下記の写真は間違った
   ままです。) なお、電源部を変更しました。
 

 
 
  ただし、・・・ 明日から土、日・・・土、日に配線作業
  をしているとカミさんや子供たちがいて、何かとうるさい
  ・・・なので、完成は来週になるかもしれません。(苦笑)
 
  ----------------------------------------------------------
 
  こんなものを作ってみました・・・・
 
 この出力トランスは山水のトランスですが、頂き物で、トラ
 ンスにロゴの「SANSUI」のエンブレムが2個とも剥が
 れていてありません。(再塗装は、されていました)
 

 
 

 
 
 そこで、なんと紙製ですが・・・作ってみました。
 初めに、手許にある山水のトランスの「SANSUI」の部分
 をデジカメで撮影。その後、写真の画面をハードコピーして、
 エクセルに貼り付け、適当にトリミングしてから大きさを調整
 し、厚めのインクジェット用はがき用紙にプリントしてから、
 カットします。
 (写真をトリミングして印刷すると暗過ぎて駄目、明るさや
 コントラストを調整しても駄目でした・・・直接エンブレムを
 コピーしても駄目でした・・・)
 
 印刷してカットしたものが、下の写真です。
 

 
 まあ、紙製ですが・・・なんちゃって「SANSUI」の
 出来上がりです。でも中身は本物の山水です。これを出力
 トランスの上に貼り付けます。
 

 
  どうでしょうか・・・少しは見栄えが良くなった感じです。
  自己満足ですが・・・・
 

  
 ※2017/03/04 17:10 追加投稿
 
 今日は、午後から表で、少し配線作業をしましたが、風が吹い
 て寒くなったので作業を止めました。
 もう少しで終わるのですが、夜は目が良く見えないので作業は
 やりません。
 
 今日の配線
 ①黒いビニール線でアース線の引き回し
 ②B+電源の回路(赤色)の引き回し
 ③出力管の自己バイアス用のカソード抵抗とケミコンの取付
 
※2017/03/05 追加投稿
   電源部のシリコン・ダイオードの繋ぎ方が間違って
   いました。(直しましたが、下記の写真は間違った
   ままです。)なお、電源部を変更しました。
 

 
 残りは入力端子から出力管までのドライブと位相反転回路だけ
 です。 シングル・アンプだと直ぐに配線も終わるのですが、
 やはりプッシュプルだと、簡単な回路でも結構、半田作業が多
 く、面倒ですね・・・・ 
 
 配線が終わったら、この投稿記事に更に追加
 投稿します。
 あらためて新しいタイトルでの投稿はしません。
 
 ※2017/03/05 17:40 追加投稿
   配線作業が終わり、アンプが完成しました。
       シャーシ裏の写真を掲載します。
 

 
 このあと、完成したアンプの投稿をします。
 では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ