fc2ブログ

NHK交響楽団いわき定期演奏会/ノセダ他

  NHK交響楽団いわき定期演奏会/ノセダ他


 久しぶりのコンサート…昨日
(11/18)いわき市のいわき芸術文化交流館アリオス 大ホールで開館10周年記念の「第8回NHK交響楽団いわき定期演奏会」に友人3人と私の4人で行ってきました。
 今回はイタリアの指揮者ジャナンドレア・ノセダと、アルメニア生まれの、若きチェリストのナレク・アフナジャリャンを迎えての定期演奏会です。





■レスピーギ/リュートのための古風な舞曲とアリア 第1組曲
 この曲は、3集の中の1曲目です。第1組曲は16世紀のリュートの曲を、現代のオーケストラ用に編曲したもので、本来のリュートという楽器のための曲ではありません。そのため、曲名が少し紛らわしく感じます。3曲の中では第3組曲が最も人気があるようで、第1組曲を演奏するのは少し珍しいか…? 生で聴くのは初めてです。
 
 さて、指揮者のジャナンドレア・ノセダですが、私にとっては、あまりなじみのない指揮者です。指揮そのものは見ていると、かなり大きなジェスチャーの指揮振りです。そのためか感情表現が大きく情熱的…時には劇的にも思える演奏ですが、言葉は悪いのですが、少し曲がねちっこく感じてしまうところも…
 しかし、生命力を感じる良い演奏だったと想います。

■ハイドン/チェロ協奏曲第1番ハ長調
 ハイドンのチェロ協奏曲は第1番、第2番とも好きな曲です。ハイドンのチェロ協奏曲は、ハイドンの作ではないという疑いもあるようですが、この第1番は真作のようです。
 今回のチェリストであるナレク・アフナジャリァンですが、かなりの技巧派、素晴らしい演奏技術だ!格調高く優雅さもある技術的には完ぺきではないだろうか…輝かしく生き生きしている。
 第1楽章でのカデンツァは、ハイドン自身によるものなのか良く分かりませんでしたが、なぜか迫力さえ感じる力強さと、生き生きした演奏はナレク・アフナジャリァン自身によるカデンツァなのだろうか、少し現代的に私には聴こえました。
 なお、指揮者のジャナンドレア・ノセダのオケは、すこし音の起伏も大きく、少し目立つように感じました。

■ソリスト・アンコール曲
 ジョパンニ・ソッリマ作曲/ラメンタティオ(哀歌)
 協奏曲が終わった後、ソリスト・アンコールがありました。
民族音楽の歌のように、何とアフナジャリャンが声を出して歌い始める。ゆっくりとした歌声から、物凄い迫力の力強い弓の動き…
超スピードの左手…頻繁に奏でる弦のグリッサンドが素晴らしい。ちょっと不思議さを感じる曲です。fff(フォルテシシモ)とppp(ピアニシシモ)のすばらしさ…特に静かに消入るようなpppは絶品。全く聴いたことのない曲、たぶん出身のアルメニアの民族音楽の編曲かと思っていましたが、演奏終了後の掲示には、「ジョパンニ・ソッリマ作曲/ラメンタティオ(哀歌)」と掲示されていました。今日、調べてみたらソッリマは、イタリアの1962年生まれの現代の作曲家でチェリストでもある。

 余談ながら、今回の演奏会は、このアフナジャリャンの演奏したラメンタティオ(哀歌)という曲を聴いただけでも十分満足です。このようなチェロの生演奏を聴いたのは初めて…このパフォーマンスは、素晴らしいの一言…会場も演奏中は何とも言えない静けさから、曲の終わりでの大拍手…まさに生のコンサートでしか味わえません。

■ラフマニノフ/交響的舞曲 作品45
 ラフマニノフの曲はピアノ協奏曲を聴くくらいで、あまり私の性分には合わないので、この曲を聴くのも初めてかも…?
しかし、初めての曲?ということもあり興味を持って聴くことができました。なかなか思ったより好印象で、大編成のオケ、その中でも特にピアノの音、金管楽器の音が多彩で新鮮さを感じました。
 今回のN響…これまで聴いた中では、なかなかの音、地方に来るとあまり期待できない音を聴かせることも、ままあるように感じますが、今回は定期演奏会ということもあり、素晴らしい音でした。曲目も東京での定期演奏会と同じ…久しぶりに良いコンサートでした。

【コンサート関係参考記事】
同じ書庫内に下記の投稿記事があります。
下記のアドレスをクリックすれば記事に繋がります。
■NHK交響楽団いわき定期演奏会/デュトワ
■第55回/あひる会合唱団定期演奏会 
■フェドセーエフ指揮/NHK交響楽団定期演奏会
■航空自衛隊中部航空音楽隊コンサート
■昔、聴いたコンサートとプログラム
■ウィーン・フィル/コンサートマスター
■仙台フィル・ハーモニー/ニュー・イヤー・コンサート2016
■ヤルヴィ/N響コンサート・・
  体調不良で急遽行けませんでした・・・・残念!
■大友直人/仙台フィル・ニューイヤー・コンサート2015
■ア・カペラ合唱団「アヌーナ ANUNA」演奏会
■あひる会合唱団第52回定期演奏会
■ブロムシュテット指揮/NHK交響楽団定期演奏会
  (チャイコフスキー交響曲第4番 他)
■小林研一郎指揮
  ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団演奏会
  (チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」他)
■小澤征爾指揮/水戸室内管弦楽団 第90回定期演奏会
  (ベートーベン交響曲第7番)  
■小澤征爾指揮/水戸室内管弦楽団 第89回定期演奏会
  (ベートーベン交響曲第4番)の感想記事は、こちら・・・・
 
では、今日は、このへんで・・・・HIROちゃんでした。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ