fc2ブログ

かわいいラジオ作り③







わいいラジオつくり その③





 

 
 久々の、「かわいいラジオつくり」 シリーズです。今回は第3回目。。。。
前回までは、上の写真のような、コスメケース(小物入れ)に組み込んだ、ポケットラジオを中心に紹介しましたが、今回は、少しだけ本格的な「ホームラジオ」を紹介します。
 本格的といっても、回路はスーパーではなく、トランジスタ検波、あるいは3端子のストレート・ラジオ用ICを利用したものです。
 この他にも、作ってありますが、ここでは4台の写真を紹介。
 

 
今回のラジオは、スピーカーをガンガン鳴らす「ホームラジオ」なので、可愛くありませんネ。。。手前のイチゴの食品ケースに組んだものは、少しカワイイでしょうか・・・? イチゴのつぶつぶのデザインに合わせて、スピーカーの音の出る穴を開けています。こうすると、イチゴのかわいいデザインを損ねる事が無いですね。。。。写真ではわかりにくいですが、スイッチ、ボリューム、選局のダイヤルは、ケースの右側に付けました。
 
ケースは、全て100円ショップ製品です。100円ショップでは、とてもカワイイ食品容器や小物ケースがたくさん売っていますが、あんまりカワイイ物やコスメケースは、なるべく娘に頼んで買ってもらいます。
時々、自分でもコスメケースを何個かまとめて購入する時がありますが、店員さんは何も言いませんが、レジに並んでいると・・後ろの人から・・「何?・・この爺い・・?何買ってんの?」 とばかり・・白い目で見られます。(笑い)
 

ケースの中身です。
これは「イチゴのラジオ」
小型の立派なダイナミック・スピーカーが取り付けてあります。
このラジオは、トランジスタ検波の4石ラジオですが、アンテナ線を少しつけると、ガンガンなります。
電波が強いとバーアンテナだけで十分です。
 
 

 
こちらも、トランジスタ検波のラジオですが。、こちらは3石。
それでも、スピーカーを鳴らすのには十分。ただし、少しアンテナ線を付けないと当地では少し音が小さいです。
しかしスピーカーが大きいので電波の強い所に持って行くとアンテナ線無しで良い音でガンガン聴こえます。
 

 
 こちらは、100円の「ハガキ入れ」 に組み込んだ、ICストレート・ラジオ。
使用した3端子ストレートラジオ用ICは、高周波増幅3段のすぐれもの。当地では分離も良く、混信は全く無く、このラジオがホームラジオとして最も適しています。持ち歩かないので、乾電池もやや大きめの単2電池を使用しているため、乾電池は、かなり長持ちします。毎日のように朝のニュース、ラジオ体操(なるべくやるようにしてます)などに使用していますが、もう1年間位、電池を交換していません。
 
爺いの嘆き・・・・・・
 
 
 
 まだ、62歳(もうすぐ63歳)なのですが・・・・老眼で最近は目が良く見えません。おまけに・・・左と右では見え方が違うので・・・おかしい・・・と・・・
眼科に行ったら、左目は少し白内障と緑内障・・・・なんてこった!
真空管アンプの配線作業も良く見えね~のに・・・・このようなトランジスタ・ラジオのプリント基板での部品は本当に見えね~!。今度は虫めがねを使った特別のルーペ台でも作りましょ!・・・そうしないと、こんな細かな作業のラジオは出来ませんね・・・・トホホ・・・歳は取りたくない!
 
■ラジオの回路図
代表的な3端子ICストレート・ラジオとトランジスタ検波の回路図を、ご参考に記載します。

★おことわり・・・・・・
 このコーナーは、主として過去に簡単なトランジスタラジオをお作りになった経験のある方、回路図が、お分かりになる方を対象にしております。1台ごとのケースの加工や、組み立て順、その方法、写真、図などにより、配線のやり方や、各部品毎の配線実体図等を詳細に示すものではありませんので、ご了解ください。あくまで、このようなラジオができますよ。。
いうことでご参考下さい。
 
その1は、こちら。クリックすればつながります。これまでに作った主なラジオの写真を見ることが出来ます。カラフルでかわいいラジオです。
その2は、こちらです。
では、今日は、このへんで・・・HIROちゃんでした。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

HIROちゃん

プロフィール
Yahooブログが終了のため、こちらに引っ越してきました。
F2ブログの機能に慣れていませんが、よろしくお願いします。
Yahooブログからの記事は全て残っていますが、コメントまでは引っ越しできませんでしたので、Yahooブログでのコメントは全て消えています。また、写真等、お見苦しいところが一部あります。ご了承ください。

訪問ありがとうございます。

カテゴリ